グノーシス主義

この映画はグノーシス主義の思想に基づいて作られている。

というような形で使われる単語、「グノーシス主義」。
一言に「グノーシス主義」といっても色々あるんですが、
大体こんな感じの考えのことを言います。

  1. この世界を作ったのは神様だ。
  2. でも神様が作ったこの世界は全然良い世界じゃない。
  3. こんな世界を作った神様なんて嫌いだ。
    こんな世界を作った神様なんて本当の神様じゃない。
  4. この世界を作った神様とは別に、本当の神様っていうのがいるはずだ。
  5. 本当の神様がいるっていうことを認識して、本当の神様がいる世界に行くんだ!

とまあ一言で言ってしまえば、
神様が作ったこの世界から抜け出すんだ!という考えですね。

ちなみに「グノーシス」というのは古代ギリシア語で「認識」、「知識」という意味です。

あと、ここから少し派生して、
この世界の神様は本当の神様じゃない、つまりは悪い神様なんだ、ということで、
反キリスト教みたいなことも「グノーシス主義」に含まれることがありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です