コンセプチュアル

本作は子ども向け映画というよりも、
むしろコンセプチュアルなアート作品に近い。

というような形で使われる単語、「コンセプチュアル」。
「コンセプト(concept)」の後ろに「ual」が付いた形容詞なんですが、
「コンセプチュアル(conceptual)」というのは概念的という意味です。

じゃあその概念的ってのはどういう意味じゃい?となるんですが、
概念というのは物事の本質をとらえる思考の形式、という意味なので、
まあ大雑把に言ってしまえば概念的というのは
物事の本質をとらえようとしてるっぽいということになりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です